二度

 先月、久しぶりに同級生と会う機会が二度あった
 その一つは11月3日()、高校の3年生の同窓会。私は父の仕事の関係で出身高校は高松。同窓会には卒業後初めて参加させていただいた。 クラス会にもかかわらず、22名の参加は驚きの出席率
 一昨年徳島に遊びに来てくれた6人以外に名前と顔が一致する人は数名
 卒業してから46年も経っているし、3年生になってこのクラスに入ったのだからそれも致し方ない。 が、いろいろ話をしている間にだんだん記憶がよみがえり当時を思い出したり近況の話をしたり、瞬く間に時は過ぎてしまった。 年齢を重ねた今になって、いや、今だからこそ同窓生に会いたくなるのはみんな同じのようだ
 もう一つの機会は11月10日、11日。大阪、愛知の同級生2人が来徳。久しぶりではあるが、昨年同時期にお会いしている。昨年は祖谷のかずら橋。今年は鳴門の渦潮大塚国際美術館、徳島の同級生2名も一緒に。 観潮船に乗るのは生まれて初めて、海面が間近に見える、春の大潮の時に見るJRTニュースの冒頭画面のような渦潮とは言えないが、自然が起こす不思議な現象に心を奪われる
 次は美術館。1000点を超える美術品が展示され教科書や百科事典などで見た記憶のある絵画はもちろんあり、とても全てを1日で鑑賞することは不可能。
 ですが、1時間に1回の頻度で一般の拝観者を対象に館の方が紹介して下さる企画があり今回はその企画にも便乗し、解説をお聞かせいただいた
 美術品の魅力にもようやく今になって気づき始めた私であった。
                                            FS

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)