FC2ブログ

我慢比べ

 行列に並ぶのは苦手ですが、待つことは得意です。
 きっかけは10年近く前、保育園のお迎え時に子供が靴をなかなか履けないのを待っていた時、先生に「お母さん偉いわね、皆早く帰ろうとつい手を貸してしまうけど、待っていて。待てばできるのよ子供は。」と言われたことです。
 その時から子供に関しては「手出しを控えて待つ」と心がけています。
 小2の息子が習い事の教室の前で、教室に入る気持ちになるまで2時間待つことも。正直、平日週2回、夕方の貴重な時間を「待つ」ことに使うのは苦しいのですが、怒らず、せかさず、ひたすら待つ。子供との我慢比べです。
 嫌がらずに入れるようになったと思えば、今度は「終わるまでドアの前で待ってて。」と笑顔。「お母さんは家に帰ってやることがたくさんあるんだよ~!」と心の中で叫びつつ待ちます。
 もはや当初の趣旨はどこかにいってしまっているようにも感じますが、もうしばらく待ち続けてみようと思います。

N

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)