FC2ブログ

紫陽花


梅雨の季節が近づいてきているからか
最近紫陽花をちらほら見かけるようになりました。

紫陽花といえば様々な色を見かけますが、
「土が酸性かアルカリ性で色が決まる」
くらいの知識しかなかったので、少し調べてみました。

花の色はブルーベリー等で良く知られているアントシアニン色素
土の中に含まれるアルミニウムが結合することで決まります。
アルミニウムと結合する量が多いほど青く、少ないほど赤くなるそうです。
このアルミニウムですが、酸性の土だと溶けて植物に吸収されやすく、
アルカリ性の土だと溶けづらいので植物にはあまり吸収されないそうです。
また、白色の紫陽花は色素をもともと持っていないらしく、
土の状態は関係が無いとのことでした。
調べながら、なんだか化学の授業みたいだなーと思いつつ

紫陽花はこれからが見頃のようなので、
機会があれば名所へ見に行こうかなと思います。
                             (I)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)