FC2ブログ

本場「ムエタイ」観戦

 先月、タイ旅行に行ってきました
 その折に、子供の頃から一度は生で見たいと思っていたタイの国技 「ムエタイ」 の観戦に行ってきました
 「ムエタイ」はご存知の方もいらっしゃるでしょうが、簡単に説明すると、ボクシングに蹴り技を認めたルールの下で格闘する競技で、判定の際には、パンチよりも蹴り技の評価が高いと言われています
 競技場は、ラジャダムナンスタジアム と呼ばれるタイでも権威のある競技場でした
 この日は、 試合行われ、試合前には、ムエタイの神様にお祈りを捧げる「ワイクルー」と呼ばれ頭と上腕部分に輪の様な飾りをつけて舞を踊ります

 さて、試合開始ですリングサイドからの至近距離で観戦できたので、パンチやキックの激しい打撃音や選手の息遣いなどを間近で感じ取ることができ、小さいころの夢が実現できた喜びに満足しました中でも一番驚いたことは、スタジアムでの地元タイ人の熱気でしたムエタイの試合は現地では賭けの対象になっており、円形の場内の2階部分へは我々観光客は入場しないほうが良いと言われていた通り、1試合5ラウンド(1ラウンド3分)のラウンドを重ねるごとに、観客の掛け声が大きさを増し、お互いの選手が技を出すたびに「ウィー」と言う声がドーム状になったスタジアム内に鳴り響き、タイ人の熱気がお腹の中にまで届いた気がしました
 妻も4歳の娘も最初は「野蛮な」と言っていたものの、試合後はすっかり虜になったみたいで、ホテルへの帰りに乗った「トゥクトゥク」の中で「ウィー」と叫んでおりました

トゥクトゥク オート三輪の荷台を電飾などで派手に飾ったタイ独特の乗り物です。(ぼったくりにご注意)

                                              (K・A)