金魚

いま個展を観たい美術作家は、
金魚絵師深堀隆介

器の中に樹脂を流し込み、その上に直接金魚を描き重ねていく
桶や枡の中の金魚はまるで本当に泳いでいるかのよう

現在、金沢21世紀美術館で展覧会が開催中。
写真や作品集ではなく、本物が観てみたい。
金沢がもう少し近かったらなぁ

H290425UP分

                                            (きしがみ)

田植え体験

 とくしま生協主催のイベントで、親子田植え体験に参加してきました
 場所は美波町で行われました。子供たちと一緒に泥の中に入って苗を植えました。私は初めての体験でしたが、子供は小学校で近所の田植えを手伝ったことがあったようで、手慣れた手付きで次々と植えていました。
 田植え体験の後には、自分たちが植えた米(乙姫米)で作ったおにぎりを食べました。有機減農薬米である「乙姫米」はとくしま生協でしか利用する事はできないそうです
 昼食後、「うみがめマリンクルーズ」に乗船しました。イベント当日、午後から天気が不安定で、雨が降ったり止んだりしていました。風もあり、波がやや荒く、船酔いしている子供がいる中、わが子は「サーフィン乗ってるみたい!!」だなんて、サーフィンに乗ったこともないのに言って喜んでいました。
 夏には稲刈り体験もあるようで、参加しようと思っています。

H290421UP分①

H290421UP分②

神山「小野天王神社」にて

 神山町で小野さくら野舞台(第十回記念)春の定期公演がありました。
 子供が参加体験した話をご紹介します

 H290418UP分



 4月9日(日)天候が不安定のなか、雨天決行での公演が実施されたようです。
 秋に行われた徳島市八多町の「犬飼農村舞台」に続く、徳島県の数少ない農村舞台の一つです。(和太鼓・人形浄瑠璃・襖からくりが公演されました。)
 朝は学校出発7時から神山町農村舞台到着まで、雨が降り続く悪天候だったそうです。
 農村舞台のある「小野天王神社」には、天照大御神の弟にあたる須佐之男命が祀られています。
 雨の中現地到着して、神社の鳥居をくぐると不思議な事に雨がやんだそうです。
 公演準備での作業中は、雨あがりのたまった水滴が木々からリズムよく落ちてきて、(welcome)いらっしゃい・いらっしゃいと歓迎されている様に感じられたそうです。
 公演を観劇していると、太鼓の音など、楽しい時は木々がざわめき桜の花びらや葉っぱが楽しそうに沢山舞落ち、「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)政岡忠義の段」での人が殺される悲しい話では、まるで話の内容を理解し泣いているかのように花びらが静かに落ちてきたそうです。不思議な出来事だった様です。
(神社に祀られている神様が歓迎してくれたのだろう)と嬉しそうに語ってくれました。
聞きながら、感性豊かな娘を再発見しました。この体験話は「まんが日本むかし話の世界だ!!」とも思いました

                                             (H・H)

進学

 娘がこの度大学に進学することになりました

 受験の準備、受験本番、結果発表、卒業、進路決断、引越と目まぐるしい日々が続きましたが、 3日、入学式を無事終えたようです

  幸い天気も良く、桜も満開のようでした

 ここに至るまでには、多々挫折や葛藤もありましたが、それを見つめながら、娘と共に私も成長できました

 みんながそれぞれの第一歩を踏み出していきます。
 前に進めるということが、どんなに幸せなことかということを忘れず、 好きなことに努力できる自由を、満喫してもらいたいと思います。

                                            (YM)

残念な結末

4月1日徳島ヴォルティスVS松本山雅FCの試合を観戦してきました。
ポカリスエットスタジアム

当節はヴォルティスが4連勝(何年ぶり?)をかけた大事な試合でした。
一方の松本山雅は前節オウンゴールの2失点という信じられない敗戦をしており、
勢いの差は歴然でした

試合が始まると、
主力メンバー数人を欠くヴォルティスが
相手の圧力に屈する→危険なミスを連発→チームに攻守のリズムが全く作れず、
何もできないまま0-2で完敗となりました

感想としましては、改めて松本山雅は強かった!!
スコア以上の敗北感がありました。サポーターも素晴らしかったです。

気持を切り替え(なかなか難しい?!)、
次節も選手とともに戦い、勝利して最高の週末を迎えたいですね

                                         ( TM )